月桂冠レトロボトル 吟醸酒 古風なボトルに奥深きフルーティな風味

投稿者: | 2018年7月24日


今回レビューを描くのは月桂冠 レトロボトル 吟醸酒です。
先日、伏見の酒蔵めぐりをした際の逸品です。
試飲した際の「当時の一番上等なお酒だよ~」が心に残り購入しました。

伏見の酒蔵旅行記はこちら


冷酒で飲むとすっきりと軽くフルーティな味わい、吟醸酒ならではの旨味、甘味が引き立っています。
ぬる燗にすると、甘味がより際立ちまろやかさが倍増します。
香りもよく、食事中より晩酌に持ってこいのお酒です。

おススメの飲み方
基本的には冷酒にして晩酌がおすすめ。
食事の脇を固める日本酒というよりは、このお酒がメインになってしまうほどの存在感があります。
しっかりとした甘めの味わいなので、味玉や肉じゃがなどの塩味が主張している料理とよくマッチします。

今回は、月桂冠 レトロボトル 吟醸酒をご紹介。
創業360年の老舗酒蔵である月桂冠。
その月桂冠が明治後半に駅中で販売していたお酒ですね。
月桂冠が全国的に有名になったのはこのお酒がきっかけと言っても過言ではありません。
味が受け入れられたということもありますが、他のお酒にはないコップ付きという特徴で各地に広がりを見せることになります。

発売当初は関西の駅を中心に販売されており、これが旅行者に大変好まれました。
旅行者とともに北陸や山陰山陽、鹿児島、果ては東京まで鉄道の広がりと共に全国へ月桂冠の名前を届けました。

最初は冷蔵庫でしっかり冷した冷酒で頂きます。
注いだ感じは少しトロミがあり、色は透明です。
冷酒にしたため香りは控えめですが、お米の芳醇な香りがします。

飲んでみるとメロンのようなフルーティさが際立ち、口の中に甘味が広がります。
うまい。軽やかで甘味が強くアルコール臭さもない。自宅でしっかりと腰を据えて飲むにはぴったりのお酒です。
酸味は全くと言って感じません。醸造アルコール臭さもなく、するすると飲めます。
これは、日本酒を飲みなれていない人でも美味しく飲めます。

ぬる燗にしてみます。この場合少しトロミが増します。
香りも冷酒と比べて段違いで、日本酒ならではのお米の匂いがします。
旨味、甘味が強く温めたほうが好き嫌いがはっきり分かれそうな風味です。
辛口が好きな私には少し甘味が強いです。
メロンやバナナの様な風味で好きな人は物凄くハマりそうです。


コップはあまり揺れない仕様で、電車で飲むとたぶんこぼれます(笑)
今回買ったものだけかな?
また、伏見に行った際に買って帰ります。


アルコール度数:16度
日本酒度:不明
酸度:不明
甘辛味覚:甘口
お勧めの飲み方/冷酒



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です