2019-08

お酒

お猪口の二重丸「蛇の目」の意味と簡単な「利き酒」のやり方

このお猪口に描かれている青い二重丸は「蛇の目(じゃのめ)」と呼ばれています。 上から見ると模様が蛇の目に見えることから呼ばれるようになったとか。 実はこの模様は単なるデザインではなく、実用性のあるものなんです。 お猪口の底に描かれている青い二重丸は「利き酒」の時に使われます。 そう、この二重丸があることによってお酒の状態が良くわかるように作られています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました