お酒を飲む前に牛乳を飲むと二日酔いにならないというのは本当?

投稿者: | 2019年4月26日

牛乳

「お酒を飲む前に牛乳を飲むと胃に膜が張って二日酔いにならない」と聞いたことはありませんか?

確かに牛乳を飲むと胃酸をやわらげたり、胃粘膜を保護したりする効果があるそうです。

なんとなくアルコールも防いでくれそうですね。

しかし牛乳を飲んでも胃に膜を張ってアルコールの吸収を妨げることはありません。

今回は胃の膜についてと二日酔いになりにくい理由について解説していきたいと思います。

牛乳は胃に膜を張ってくれるの?

牛乳やヨーグルトを飲むと膜を張って胃を保護してくれるという話は一杯あります。

昔からよく聞く話で、私も飲み始めたくらいに先輩から教えらよく牛乳をのんでました(今はウコンとかを飲みます)。

国立久里浜病院で長らくアルコール依存症などの治療に携わってきた重盛憲司先生によると

 
あるテレビ番組に協力して、牛乳を飲んだ人と水を飲んだ人がお酒を飲むと、血中のアルコール濃度がどうなるか実験したことがあります。牛乳を飲んだ被験者に胃カメラまで飲んでもらったところ、確かに胃に膜が作られていることが分かりました。
「お酒の前に牛乳」は効果があるのか?  「酒と体」の本当のところ(前篇)

胃に膜が張られることは確かだそうです。

それではこの膜が本当にアルコール吸収を抑えてくれるのでしょうか。

牛乳でできた膜はアルコールを通してしまう

牛乳が胃に膜を張ってくれることはわかりました。

それではその膜が本当にアルコールの吸収を抑えてくれるのでしょうか。

 
そもそも、アルコールの分子は、血管から脳に浸透するほど小さなものです。一方、牛乳は白い液体に見えますが、比較的大きな白い粒々によるものです。胃に牛乳の膜ができても、アルコールの分子は小さいので隙間を通過して吸収されてしまうのです。
「お酒の前に牛乳」は効果があるのか?  「酒と体」の本当のところ(前篇)

牛乳よりもアルコール分子の方が小さく膜をすりぬけて吸収されてしまうようですね。

牛乳で胃に膜を張ったからと言って牛乳がアルコールの吸収を阻害するわけではないようです。

牛乳のメリット|二日酔いになりにくい理由

アセトアルデヒド
なぜ、お酒の前に牛乳を飲むという噂が広まったのでしょうか。

実は、飲酒前に牛乳を飲むメリットがあるんです。

脂質分が胃に入ってきたものを腸に進めるのを遅くする
牛乳のタンパク質にはアルコールの分解を促進します

脂質分が胃に入ってきたものを腸に進めるのを遅くする
牛乳に含まれている脂肪分がアルコールによる胃への刺激をおさえ、アルコールの吸収を抑える働きがあります。
脂肪の多い製品は肝臓に負担をかけますが、コップ一杯の牛乳は良い効果があります。

牛乳のタンパク質にはアルコールの分解を促進します
胃や小腸から吸収されたアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変化します。
そのアセトアルデヒドもまた肝臓で無害の酢酸に変わります。

肝臓に重い負担がかかります。

その肝臓を手助けしてくれるのがタンパク質やミネラルビタミンです。

牛乳には肝臓の働きをサポートしてくれるタンパク質が含まれています。

これにより悪酔い成分であるアセトアルデヒドの代謝が早まり二日酔いになりにくくなります。

まとめ

肝臓
牛乳を飲むことによって胃に膜をはりアルコールをはじいてくれることはありません。
しかし、牛乳の脂肪分とタンパク質によってアルコールの吸収が抑えられ酔いにくくなります。

お酒が全く飲めない人には向かないですが、ある程度飲める人が次の日のためのサポートとして飲む分には効果があるんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です