無濾過生原酒ってなに?

お酒
スポンサーリンク

日本酒のラベルの「無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)」ってご存知ですか?
少し飲みにくいけど濃くて美味しいと話題になっているようですね。

日本酒に力を入れている居酒屋さんや酒屋さんでしかなかなか手に入らない通のお酒だと思ってませんか?
確かに置いている店は少ないですが、決して通にしかわからないお酒ではありません
クセになり、一度はまったら定期的に飲みたくなる味になります!

今回はこの「無濾過生原酒」を初心者でもわかる様簡単に説明いたします。

無濾過生原酒とは

無濾過生原酒と表記されるのはどんなお酒なんでしょうか。
通常、日本酒は発酵を終了したあと、もろみの滓(おり)を下げ、濾過、火入れ、貯蔵(加水)、火入れ、瓶詰めされます。
この工程をすることによって、雑味やにごりをとり透明な日本酒になっていきます。
この濾過と火入れ、加水を行っていない日本酒が「無濾過生原酒」と呼ばれます。

つまり無濾過生原酒は「無濾過」「生酒」「原酒」この三つで構成されています。

生酒
2度の火入れを行っていないお酒。
酵母が生きているため、味や香りが変化しやすく冷酒がおススメ。

原酒
水や醸造アルコールを加えていないお酒
アルコール度数が高い物が多く、日本酒本来の味が楽しめる。

無濾過
濾過していないお酒。
もろみをしぼっただけの物が多く、よりお酒本来の味が楽しめる。
にごりや独特な味がするため、濃厚な味わいとなる。

濾過とは

もう少し、濾過について見ていきましょう。
現在、濾過の多くは炭で行っています。
炭の粉末を入れ雑味を吸収させる物や、炭のフィルターを通す物等様々です。
炭で濾過することによって透明ですっきりとした日本酒になります。
諸説ありますが、炭を入れてろ過する工程の始まりは、酒蔵を首になった者が腹いせに酒樽に炭を投げ入れたところ、にごりがなくなり透明な日本酒になり全国へ広がったという説もあります。

しかし、炭は多少のうまみや個性、香りも吸収してしまいます。
無濾過ということで、多少にごりがある物が多いですが、濾過しないことによりお酒本来のうまみや個性などが残り、飲みごたえのある風味に仕上がります。

無濾過生原酒は飲みごたえ抜群

上記のように無濾過のお酒は、日本酒本来の雑味や香りがそのまま残っていて、パワフルなお酒になります。
さらに、アルコール調整のために行う「加水」と、雑菌の繁殖防止・酵母の停止の「火入れ」を一度もしていないため、フレッシュさや割り水なしの濃厚な味わいが楽しめます。

現在では醸造技術の向上や物流の関係で、品質の劣化が少なくなったことや、品ぞろえに力を入れている酒屋さんが増えたことにより、酒蔵が近くにないところでも楽しめるようになってきています。
是非普段すっきり軽やかな「淡麗辛口」を飲んでいるかたも、がっつり濃いめの「濃厚辛口」にチャレンジしてみるもの楽しいお酒ですね。

無濾過生原酒に合う料理

ガツンとくる無濾過生原酒ですが、これに合う料理が難しく感じるかもしれません。
しかし、日本酒本来の濃厚でフレッシュな味わいが楽しめるので、どの料理合わせてもおいしくいただけます。
私のおススメではお刺身お鍋みそかつです。


日本酒を一口飲んだあと口の中に広がる旨味を、追いかけるようにお刺身を食べると
すっきりとした後味がより日本酒をより一層引き立たせてくれます。


お鍋はどの日本酒にも合いますよね。
無濾過生原酒は、冷酒でいただくことがほとんどだと思います。
温かいお鍋と、冷酒で大変おいしくいただけます。


意外と合うのがお味噌です。
パワフルな日本酒とガツンとくるみそかつが非常によくマッチします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました