口の中で広がる肉汁|ぶどう亭

投稿者: | 2018年10月3日

大好きな言葉は「ごはんのおかわり自由」、トモローです。

この言葉は単にごはんのおかわりが自由という文字以上に裏の意味があります。

うちのお店は白ご飯に合うおかずがいっぱいです、是非おかわりしてくださいね。

大事なのでもう一回。

ご飯に合うおかずがいっぱい。

今日はご飯のおかわり自由なお店、ぶどう亭を紹介します。

場所は大阪駅前第三ビル地下二階。

北新地駅から徒歩3分、JR大阪からでも10分としない好立地です。

駅前ビルはグルメの激戦区でネスパのコロペットグリル北斗星のトルコライスなどうますぎるランチがお手頃価格で楽しめる所です。

もちろん、ぶどう亭のハンバーグや海老フライも負けていません。

ぶどう亭の外観です。

お昼2時に行きましたが二組ほど並んでいます。

ランチタイムはもっと行列で、12時に着くと30分ほど並び、10分で料理が運ばれ15分で食べることになります(会社から往復5分圏内想定)。

お店に入ると、奥からハンバーグの空気を抜くパンッ、パンッといういかにも美味しそうな音が聞こえてきます。

店員さんは女性4名、お客さんはサラリーマンやOLの方が中心でした。
女性の1人ランチの方もちらほら食事されています。

セットメニューが豊富です。

ステーキ&ハンバーグ、エビフライ&ステーキセットなどがあります。

もちろん一押しメニューを詰め込んだAセットやBセットなども。

トッピングとしてエビフライやハンバーグを単品で頼むこともできます。

自由にカスタマイズできることが嬉しいですね。

今回注文したのはAセットです。

ここのハンバーグとエビフライが激うまです。

席につくとまず卵とわかめのスープが出てきます。

洋食屋さんのコンソメスープってなんでこんなに美味しいんでしょうね。

Aセット登場

ハンバーグ、エビフライ、コロッケ、生野菜にポテトサラダです。

写真で伝わりにくいですが結構なボリューム。

まずはピンと伸びたエビフライのアップ。

タルタルソースと絡めてパクッと一口。

サックサクで身もぎっちりとしていて美味しい。

ソースの酸味が後味をさっぱりとさせて油のしつこさを感じません。

間にご飯を一口

次にコロッケを頂きます。

デミグラスソースがしっかりかかっていて、ご飯が進む進む。

良いジャガイモなんですかね。甘味がしっかりしています。

そしてハンバーグ!

お箸でサクッと切れます。

断面からはあまり肉汁が出てきません(ここ重要)。

このように上からハンバーグを押さえるとドバァーとあふれ出てきます。

これがポイントです。

口に入れ、噛みしめることによって肉汁がでてきます。

お皿に肉汁があふれ出ることなく、ハンバーグの旨味をすべて堪能することができます。

こっちもご飯が進む進む。

あっという間にご飯とスープをおかわり。

ぶどう亭の洋食は王道でうまい。

周りはステーキを注文している人もいてやわからくてジューシーに見えました。
次回はステーキランチに決定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です