本場の博多ラーメンはトンコツ臭|博多一双

投稿者: | 2018年9月20日

博多に出張することになったので、今回は番外編です。

まず、一番最初にお勧めしたいお店が博多一双 博多駅東本店というお店です。

関連ランキング:ラーメン | 博多駅東比恵駅

繁華街とは反対方向で、それほど人通りがないにもかかわらず、行列ができるお店です。
かなりの有名店でベーシックな豚骨ラーメンが楽しめます。

新幹線を降りて10分ほど歩くと行列が見えてきます。

時刻は平日の午前11:30

ピーク時はもっと並ぶようです。

車道を挟んで反対から写真を撮ったのですが、既に豚骨臭が漂ってきます(褒め言葉)。
本場のヤバさを感じます。

結構20人くらい並んでいるでしょうか。

待ちます。

並んでいる間に、店内に入って食券を買って戻ってくるように指示を受けます。

また外に並び直すので前後の人を把握しておきましょう。

基本メニュー
ラーメン 650円
味玉チャーシューメン 900円
味玉ラーメン 750円
チャーシューメン 800円
ワンタンメン 850円

トッピングやご飯類も置いてます。

今回は味玉ラーメンをチョイス。麺の固さはカタメです。

カタメの方がスープを吸うので個人的に良く注文します。

並び始めてから30分ほどで着席。

ラーメンが来るまでに卓上をチェックします。

まず博多ラーメンの一番の特徴、しょうがと高菜です。

味変したり、白ご飯を注文したとき等、この二つが良い仕事をします。

他にもニンニクやラーメンのタレがあります。

いざ着丼
香りは外で嗅いだツーンとする豚骨臭があまりしません。

トッピングは、チャーシュー、きくらげ、ネギ、味玉、海苔。

博多ラーメン名物のアワアワカプチーノ。
物凄くクリーミィです。

出汁をすくって飲む。

濃厚かぷちーの!
トンコツ炊き倒しましてます。

かなり味が濃く、喉越し、コクが半端ないです。

麺を持ちあげる。

ススル。

スープが絡んでめちゃくちゃ美味しい。

一口目が二口目を呼び、更に三口四口と箸が止まらない。

豚のスープがクセになる。。

チャーシュー自体の味付けは控え目。

是非スープをひたひたにして食べてほしい。

ここで、徐々に口がこってりしてきたところで。

卓上の高菜としょうがを投入。

色が白いものは白ショウガというらしいです。
味は、紅ショウガとあまり変わらないです。

口の中の濃厚なスープをマイルドにしてくれる。

これが非常に合う。

好みかもしれませんが、結構大量に高菜を入れるとスープ自体の味が変わりとっても良い感じです。

最後に味玉。

半分に割って。

断面の美味しそうな所を見せながら

こんにちわ(ちょっと何言ってるか分からない)

関西は茶色くなるまで煮た卵が多いですが、一双は真っ白です。

見た目の割にしっかりと味が付いているので、そのまま食べても、スープと一緒に流し込んでも超絶美味です。

万人向けではありませんが、豚骨ラーメンが好きな方は本店の味を楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です