「純米吟醸 女鳥羽の泉」を飲んでみた

投稿者: | 2018年8月10日

女鳥羽の泉 正面
今回はSAKETAKUから送られてきた「純米吟醸 女鳥羽の泉」を飲んでみました。

長野県は松本城で有名松本市に構える酒蔵「善哉」さんの一品です。

ラベルも瓶もSAKETAKU仕様で非常に夏っぽい。

常時販売されている女鳥羽の泉とは一味違った味が楽しめそうです。


冷酒にすると、非常にすっきりしていて飲みやすい。

深すぎず軽すぎず、甘すぎず辛すぎず、良い意味でとんがったところが少ないお酒です。

おススメの飲み方
非常にゆったりとした味わいをしているので、夕食後の晩酌にもってこいです。

夏の縁側やベランダでスイカを食べながら飲むと最高です。

今回は、「純米吟醸 女鳥羽の泉」をご紹介。

天守閣が国宝に指定されている松本城から徒歩で行ける距離にある「善哉」さん。

平成の名水100選に選ばれている「女鳥羽の泉」が敷地内から湧き出ていて、その水を利用して日本酒を作られています。

色は綺麗な透明でとろみもなくサラサラしています。

純米酒特有の穏やかなで爽やかな香り。

口に含むとふくよかな日本酒の風味が広がり一番強い刺激が甘味です。

しかし、とがったような甘味ではなくほんのりまろやかで非常に飲みやすい。

日本酒を飲みなれていなくても十分美味しくいただけます。

獺祭を赤ワインに例えると、「純米吟醸 女鳥羽の泉」は白ワインです。

非常に飲みやすくすっきりシンプルです。

冷(常温)で飲むと冷酒より甘味が格段に増し、旨味が引き立ちます。
香りも冷酒より際立つのでこちらで飲む方が個人的には好きです。

合わせる料理


そこまで主張する味ではないので、薄い味付けのものと良く合います。
肉よりも断然魚です。
はもやあじをホイル焼きにしたり、いかの刺身なんて超絶合います。


「純米吟醸 女鳥羽の泉」
酒蔵「善哉」
アルコール度数:15度
日本酒度:0
酸度:1.5
甘辛味覚:中辛
お勧めの飲み方/冷や

日本酒定期便 SAKETAKUはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です