冷や酒って常温のことなんです【冷酒と冷や酒の差とは】

投稿者: | 2018年5月1日

日本酒を飲むときに、「冷酒(れいしゅ)」と書かれている場合と「冷や酒(ひやざけ)」の場合があると思います。
この2種類が別の物だということはご存知でしょうか?
今回はこの「冷酒」と「冷や酒」の差を見ていきましょう。

「冷や酒」の由来

日本酒はざっくりと「冷酒」「冷や酒」「熱燗」の3種類に分かれます。
ここで「冷酒」と「冷や酒」って同じじゃないの?と疑問に思う方も多いと思います。
実は、冷酒と冷や酒は全然違います。
それには、冷や酒の歴史をみればはっきりとわかります。

日本酒の歴史は古くから飲まれていました。
日本では紀元前から親しまれています。

その時代はもちろん文明の利器である冷蔵庫はありません。
日本酒は温めて飲むか、常温で飲むかの2択しかありませんでした。
そこで、温めて飲むものを「燗(かん)」、常温で飲む物を「冷や(ひや)」と呼びました。

つまり、温めていないお酒のことを「冷や」としたわけです。

その後、冷蔵庫が誕生し、日本酒を常温より冷やして飲むようになりました。
「冷や」と対比させ「冷酒」という名前が付けられることになります。

冷酒の種類

それでは、冷酒は冷蔵庫で冷やせば良いということでしょうか?
そう、常温より冷やせばすべて冷酒になります。
しかし、熱燗同様に温度によって「みぞれ酒」「雪冷え」「花冷え」「涼ひえ」と呼び方が変わります。

冷酒            0℃
みぞれ酒          0℃
雪冷え(ゆきひえ)     5℃
花冷え(はなひえ)    10℃
涼冷え(すずひえ)    15℃
冷や           常温
日向燗(ひなたかん)   30℃
人肌燗(ひとはだかん)  35℃
ぬる燗          40℃
上燗(じょうかん)    45℃
熱燗(あつかん)     50℃
飛び切り燗(とびきりかん)55℃
日本酒と温度

日本酒が5℃ごとに呼び方が違うのは、日本酒の味や香りが温度によって全然違うからです。

一般的に、日本酒は温めると香りが飛び、同時に雑味が消えてまろやか味になり、とろみがうまれます。
逆に冷すと香りが高くすっきりとシャープな味になり、さらさらしてます。

どの温度で飲むのが美味しいの?

問題は、どの温度で飲むのが美味しいかというところですよね!

これは、個人の好みです!

まぁ個人の好みでは、記事を書いている意味がありませんね。

そこでどのように熱燗と冷酒を選んでいるかという所ですね。

時季で考える

当たり前ですが、夏は暑く、冬は寒いですね。
気温で選ぶということができます。
夏の暑いときに「冷酒」を飲む。冬の寒いときにこたつで「熱燗」を飲むといった具合ですね。
私は、お花見のときに水筒に「上燗」を入れて持っていくことが多いです。

飲むお酒によって考える

吟醸酒は香りを楽しめる物が多くあります。
このことにより、熱燗にしてしまうと、せっかくの香りが飛んでしまうため、一般的には冷やか冷酒で飲むことをお勧めします。

逆に、本醸造酒は甘味を楽しむ物が多いため、温めるとより甘味が増し口当たりがまろやかになります。
人間は体温に近いほど甘味を感じやすいためです。
つまり、本醸造酒のような甘口・旨口のお酒は温めたほうが美味しく感じます

吟醸・大吟醸・辛口のお酒は冷酒
醸造酒・甘口のお酒は熱燗
まとめ

いかがでしたでしょうか?
同じ銘柄のお酒でも温度によって様々な香り、味わいになります。
是非、色々試して自分の好みのお酒を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です