純米吟醸と純米大吟醸しか醸さない蔵「平和酒造」|純米大吟醸 慶長伏見の酒

投稿者: | 2019年4月1日

伏見の酒

本日のお酒は「純米大吟醸 慶長伏見の酒」です。

この前訪れた蔵開きのときに買ってきたお酒。

試飲で一口飲んだだけで、めちゃくちゃ惚れました。

物凄くエロいお酒。

鼻に通る吟醸香が印象的です。

蔵の方に聞いたところ冷酒が一番お勧めだという。

蔵開きの様子はこちら
伏見銘酒組合伏見の蔵開きのレビュー

純米大吟醸 慶長伏見の酒|平和酒造

純米吟醸と大吟醸しか醸していない小規模生産の蔵元です。
八海山や久保田等の全国的に有名なお酒を飲むことも多いですが、蔵開きや試飲会の時に珍しい地酒を試すと嬉しい出会いがあります。
大吟醸より本醸造の熱燗がマイブームでしたが、一口で惚れました。

トモロー「フルーティー。甘味のある香りがするね。味わいは甘味が一番最初に来るね」

妖怪彼女「最初は甘味が来るけど、飲んだ後に苦みや酸味が少し残ってて面白い。」

トモロー「余韻はキレがよくスーッと消えていく感じ。試飲の時も感じたけど美味しいわ。」

妖怪彼女「甘味だけでなく、酸味や苦みもあって非常にバランスの取れている感じがいいね。」

久保田の萬寿と同等の精米歩合35%。かなり贅沢なスペックです。
飲んだ感じは絶妙な淡麗辛口。
最初に感じる甘味が後からの苦みと酸味のバランスを整えてくれます。

飲みほした後に鼻に抜ける吟醸香も良い感じです。

熟したリンゴの様な味わいです。

豚バラのトンテキとペアリング

バラトンテキと伏見の酒
豚バラを醤油、みりん、オイスターソース、砂糖、ニンニク、しょうがで甘辛く仕上げたバラトンテキで試しました。

ごはん、豚バラ、日本酒とゴールデントライアングルの相乗効果で食が進みます。

カニを食べるかのごとく無言でバクバク食べていきます。

お肉ひときれでご飯半分が消失し、おちょこ一杯が蒸発する勢い。

日本酒をグイグイ飲む派ではないのでちょっと失敗でした。

おすすめのペアリング

次は、慶長自身の風味を楽しむ方向で。
甘味があってフルーティー。飲んだ後のスーッと余韻がキレていきます。

華やかな風味を感じるので、デザート前に飲んで慶長の味を楽しみたいところ。

食事を合わせるなら、塩っ気がある生ハムやチーズ、ベーコンが相性良さそうです。

ラスクにベリー系のジャムを塗ったものと合わせても美味しいです。

白ワインを想定すると良いかもしれません。

蔵 元・・・・・・・平和酒造
原料米・・・・・・山田錦
精米歩合・・・・ 35%
アルコール・・・15~16度
蔵元HP・・・http://www.fushimi.or.jp/brewery/heiwa.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です