純米酒と本醸造呑み比べ|如空|八戸酒類株式会社

投稿者: | 2018年11月9日

今回はSAKETAKUから届いた如空の呑み比べです。

最近、山廃仕込の日本酒が個人的ブームで良く飲んでるので嬉しい詰め合わせです。

ゴリゴリでごつい日本酒か、力強いまったりとした日本酒か楽しみです。

江戸時代の南部藩(正確には盛岡藩)から続く伝統の技を現代に生かし今昔を感じる一杯。
新潟のお酒は良く手に入るのですがなかなか東北地方のお酒が手に入らないので嬉しいですね。
関西の場合北は新潟から福岡のお酒が多少入ってきて、ほとんどが伏見と灘のお酒が中心になりがちです。
この辺が頒布会のいいところですね。

如空 本醸造 山廃仕込


手間暇かかった山廃日本酒。

味は『ガツンとくるけど後味すっきり。旨く作られていて食前中後と万能選手』でした。
山廃仕込の骨太感を残しつつ、後半は後味すっきりな仕上がり。
酸味は程良く、甘味と旨味の成分が多く非常にバランス取れています。
呑んだ感じはどっしりとして呑みやすい。
かんきつ系の香りが鼻に抜け、爽やかな印象です。

このお酒はいろんな人に親しまれる味ですね。
本醸造のフットワークの軽さと、山廃仕込のパンチ力が合わさってどんな相手でも戦えます。

鴨のローストと一緒に頂きます。
油の切れもよく、鴨の旨味を良く感じます。

使用米 美山錦
精米歩合 65%
アルコール度数 15度
日本酒度 +4.0
酸度 1.3
仕込水 井戸水

ふくよか純米酒 山廃仕込み


この味は『純米・山廃のどっしりした味わい。少し強めに感じる酸味も心地よい』
呑み比べているからでしょうか。純米の方がしっかりとした味わいでアルコール臭も少なめ。
口に含んだときに一番感じるのは酸味、そして飲みほしたときには苦み。

『ふくよか』とはばっちりの名前です。どっしりとした味と香りが広がるイメージ。飲み過ぎてふくよかになってしまいますね。
純米酒だからといってランクの低い物じゃまったくありません。

温めると酸味が抑えられ甘味が増します。
ぬる燗が飲みやすいですが、是非冷酒の酸のキレを楽しみたい一杯。
個人的には、ハンバーグやしょうが焼など油分と甘味が混在しているレシピに最適だと思います。

【受賞歴】
◯スローフードジャパン・酒文化研究所主催『燗酒コンテスト2015』においてプレミアム熱燗部門において金賞を受賞
◯IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2016日本酒部門において銀賞を受賞

使用米 華吹雪
精米歩合 60%
アルコール度数 15度
日本酒度 +2.0
酸度 1.8
仕込水 井戸水

SAKETAKUのおすすめペアリングの豆乳鍋。
豆乳のまったりとした風味に負けないくらい、しっかりしていて、キレが深まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です