さらば二日酔い!

投稿者: | 2018年5月17日

楽しいお酒の席でついつい飲みすぎてしまい、一度は「二日い酔い」になったことがあるのではないでしょうか。
美味しい日本酒を翌日の「二日酔い」を気にせず楽しみたいですよね。

今回は、そんな二日酔いにならないために二日酔い対策を見ていきましょう。

二日酔いの原因

まずは敵を知ることからですね。
二日酔いの原因は様々ですが、主な原因は以下の通りです。

・アセトアルデヒド
・脱水症状
・アデノシン

などです。
特にアデノシンは他のお酒より日本酒に多く含まれる成分です。

・アセトアルデヒド
アセトアルデヒドは肝臓がアルコールを分解するときに生じる物質です。
通常なら肝臓で水と炭酸ガスになるのですが、許容量を超えると血中に戻されてしまいます。
毒性が強く、症状は頭痛やだるさ、吐き気、疲労などです。
二日酔いの主な原因はこいつが犯人です。

日本人は一般的に、アセトアルデヒドを分解する力が弱いとされており、外国人に比べて二日酔いになりやすい傾向にあります。
そのため、アルコールを分解した後も、アセトアルデヒドが体内に残り二日酔いの原因になります。
また、アルコールの分解は肝臓の仕事です。
肝臓の調子が悪いときは飲酒量を調整する必要があります。

・脱水症状
二日酔いの原因の多くは脱水です。
また、血液の量に影響を及ぼすため、二日酔いの成分の濃度も上がりより体調が悪くなります。
頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などの症状が挙げられます。
アルコールには利尿作用があり、飲酒で摂取した水分よりも体から出ていく水分の方が多くなります。

・アデノシン
アデノシンは、血管拡張の効果があり、血流を良くし体温を上昇させる物質です。
他のお酒より体温が2度上昇するということを聞いたことはないでしょうか。
それはこのアデノシンによる効力です。
しかし、この血流をよくするメリットが、二日酔いの時にはデメリットになります。
血管が拡張しすぎて、ズキズキと脈打つような頭痛になってしいます。

飲酒前できる予防

・炭水化物などを先に摂取する
お酒を飲む前に何かを食べておくということは非常に有効です。
アルコールの吸収速度を抑えたり、アルコールによる胃への刺激をやわらげることができます。
これによって、肝臓への負担が減りスムーズにアセトアルデヒドを分解してくれます。

・アルコール対策商品を使う
二日酔いに聞くドリンクや商品を使うというのも効果的な対策ですね。

例えば、ウコン系のドリンクはアセトアルデヒドを分解する酵素が少なくても、その酵素が誘導されるため、分解がスムーズに進みます。
つまり肝臓をサポートしてくれる機能ですね。

私が良く使っているのは「ノミカタ」です。
知名度はそこまでありませんが、効果は抜群です。
顆粒スティックタイプでかばんに入れっぱなしOKです。
水なしで飲めるのでいつでも補給完了です。
飲酒前、飲酒中、飲酒後にといつでも飲めるというところも魅力です。

飲酒中にできる予防

お酒を飲んでいる途中の二日酔い対策です。

・水、チェイサーを飲む
じつはこれが一番の二日酔い対策です。
お酒を飲むとアルコールの利尿作用で急速に水分が失われていきます。
その結果頭痛や倦怠感等を引き起こします。
お酒と同量の水分を飲んでもいいでしょう。

・しじみの味噌汁を飲む
良く効く二日酔い対策ですね。
これはシジミに含まれているオルニチンが肝臓をサポートしてくれます。
アセトアルデヒドが通常より早く分解されるため二日酔いになりにくく、二日酔いになってしまった後でも効果がてきめんです。

・チャンポンを避ける
これに関しては科学的根拠がありません。
複数種類のお酒を同時に飲んでもアルコール量は変化しません。
どれくらい飲んでいるかわからなくなり、いつもより大量にお酒を飲んでしまうせいだとされています。

症状が出てきた後


・水分を取る
頭痛や胸やけ症状がでてからでも水分の補給は必須です。
とにかく水やお茶等を飲んで体から毒素を排出することができます。

・汗をかく
ぬるいお風呂に浸かるなどして、汗をかくことによって体の代謝を早め、体内のアセトアルデヒドの分解を早めることが出来ます。
私は基本シャワーを足にかけたり、足湯などで汗を出します。
二日酔いの時は体に水分が非常に少ないです。
そして、アルコールやアセトアルデヒドの分解にも水分が必要。
スポーツドリンクなどの吸収しやすいドリンクを飲んで水分補給も同時に行いましょう。
※体調に十分注意してください。泥酔での入浴はとても危険です。

お酒を飲んだ時にお風呂に入ることは有効か!?

・カレーを食べる


カレーを食べることも効果的です。
カレーに含まれるターメリックとは秋ウコンのことです。
肝臓を保護してくれるクルクミンが多く含まれるため二日酔いにバッチリです。
また、汗が出ることでより早く体調不良から復帰できます。

関連記事
大阪発祥のウマ辛カレーや インデアンカレー

・カフェインを取る
頭痛にはカフェインが有効です。
カフェインには血管を収縮する効果があり、頭痛には最適です。
お茶やコーヒー等で摂取しましょう。
首筋を冷すことも有効です。

二日酔いでしてはいけないNG行動

二日酔いでしてしまうと症状が悪化してしまう行動があります。
一度は聞いたことがあるかもしれませんが、基本的にあまりおススメできません。

・迎え酒をする
二日酔いには迎え酒をするという方もいるかもしれません。
しかし、飲酒をすることによってより肝臓に負担をかけ症状の先送りになります。
飲酒をして酔いが症状を麻痺させているという風に考えられています。

・症状が出てから吐く
二日酔いになった後に吐いてしまうことはNGです。
思い切ってはいてしまえば楽になると思われがちですが、気分が悪くなったあとはアルコールの吸収が終わっている可能性が高いため、逆に水分不足に陥ります。

ただ、急性アルコール中毒になってしまったときに、まだ吸収していないアルコール分を吐き出すことは有効です。

まとめ

一番の二日酔い対策は水分です。
飲酒中や飲酒後にも積極的に飲むように心掛けることが大切です。
また就寝中にも大量に水分を消費するので多めに補給して寝ることが一番です。

二日酔い対策はどうだったでしょうか?
お酒を飲むことは楽しいですが、二日酔いになると台無しですよね。
是非これらのポイントを押さえて楽しい日本酒ライフを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です